はじめての自転車。

001.jpg
002.jpg
003.jpg
004.jpg
4才の誕生日プレゼントも兼ね、祖父祖母が子どもに自転車をプレゼントしてくれました。近所にも自転車屋はありますが、数が多く色々選べる方が良いと考え以前一度来た事がある「自転車あさひ」(北池袋ドンキホーテの横向かい)で購入しました。ここは1F/2Fが店舗で、店内明るく、皆親切で、その上値段がとっても安い。と、どっかのCMのパクリですが、さらにここは種類が多く素敵です。
子ども用自転車売り場は2Fで、ずら~っと並んでいる自転車の一番手前に、誰かが試し乗りで出したであろう、シンプルなグリーンの自転車を見つけてさっそく試乗。ステアリングのフィット感に、ブレーキ、タイヤ圧、ベルの音、補助輪のあそび具合。を確かめてたようですが、他の車種には一回も乗らずに、この車種に決定。まさにファーストインプレッション。自分的にも、あまりキャラクター系の自転車よりも、こういったシンプル系の方が良いなぁ~とは思っていましたが、実際子どもが気に入ったらそれで良いとは思っていました。ちなみにこの購入した車種のモデル名が「シンプルシリーズ」とまんまでした;
さてさて、購入&マニュアル説明書などを貰って店内を出て、10m程先にある駐車場まで乗って行こうと言う事で、はじめての歩道となりました。さっきまでの元気の良さはどこへやら。ビビリまくりの半ベソ状態。(まぁ歩道とは言え、川越街道沿いなので音が凄くて怖い・・)何とか駐車場までたどり着き、ちょっと自分も乗ってみたくなったのでお約束のポケバイ乗り。
昔~。(18才~20才)の頃、自分はBMXと言うハンドルがグルグル回るアクロバティックな自転車に乗ってまして、今でもハッキリ覚えていますが、文京区後楽園手前の歩道縁石を格好付けてウィリーで乗り越えようとして、思いきりデングリ返しで転んで、八百屋の前から、隣のパチンコ屋の前までヘッドスライディングした事がありました。あまりにも派手な転び方だったので、八百屋のおじさんが出てきて「大丈夫か!?」と心配してくれ、「大丈夫です・・」と恥かしさのあまりに速攻でそのまま去って行った甘くホロ苦い想い出がございます。あれから15年くらい経ちますが、あの場所を通る度に思い出します。
拝啓
おじさん、お元気ですか。僕は元気です。あれから15年の月日が経つのですね。あの時、おじさんがすっ飛んで出て来てくれて本当はとても嬉しかったんです。でも僕は当時、人に見せられないよなデングリ返しで転んで、とっても恥かしかったんです。人ってこんなに体が曲がるんだ?ってくらい曲がったと思うし、自転車パンクしちゃうしで、おしゃべりが好きな僕も流石に早くその場を立ち去りたかったんです。だって僕にとってBMXタイプは、はじめての自転車で・・・。なのにあんな転び方してしまったんです。僕の気持ち、おじさんなら、分かるよね。おじさんの心使い、ちゃんと届いてました。ありがとうございました。どうかおじさん、いつまでもお元気で。敬具
追伸:今、僕は野菜が大好きです。