1998年7月。三宅島。

001.jpg
今から12年前の1998年7月。当時22歳の自分は、務めていた印刷会社を辞めて初めての1人旅へと三宅島へ向かいました。高校時代の担任(地学の先生)が三宅島に赴任していたので、本当は先生の家、もしくはアパートなどに泊まる予定で「1人旅をしたい」と手紙を書きましたが、返事に書いてあったのは「泊まるところはありません。テントが1つあるので、キャンプ場なら無料で泊まれます」との事でした。1人旅は1か月くらいを考えていたのですが、何の経験もない素人が正直キャンプ場に1か月もいられるのか?と凄く不安でした。がしかし、当時実家暮らしだった自分は、「自立してみたい。」と強く思う時期でもあり、覚悟を決め1か月の三宅島でのキャンプ生活を選択する事にしたのでした。
002.jpg
三宅島での1か月間は、素晴らしい経験の毎日でした。所持金は5万円。携帯電話はあえて持って行きませんでした。テレビも新聞もありません。もちろんコンビニもありません。(信号は1箇所だけありました)そんな状態を1か月続けていると、全くもって生活していく上での不便さはこれっぽっちも感じませんでした。また、このキャンプ場では何回もの一期一会があり、常にたくさんのやさしやと感動をその人たちから頂きました。そんな本当に素晴らしい毎日を送ることが出来ました。
この時は、まだwebなんて言葉は全く知りません。しかしこの3か月後に僕はwebデザインの勉強を始めることになります。進む道はどうあれ、たどり着くゴールは既に決まっていたのかもしれませんが、今も、この三宅島での1か月間のキャンプ生活は本当に選んで良かった!と、心の底から自分を褒めてやりたいと思っています。
今から丁度、12年前の夏の出来事です。
1998年6月25日:会社を退社。
1998年6月30日夜:竹芝桟橋より出航。
1998年7月1日朝:三宅島到着。
1998年7月1日夜~7月2日夜:先生宅2泊。(心の準備)
1998年7月3日~:錆が浜キャンプ場でテント生活開始。
1998年7月下旬:小型船にて御蔵島へ。「野生のイルカと泳ぐツアーへ参加」
1998年7月下旬(同日夜):御蔵島のバンガローに1泊。
1998年7月31日:錆が浜キャンプ場でのテント生活終了。
1998年8月1日昼:三宅島出航。
1998年8月1日夜:竹島桟橋到着。そのまま持参した↑の自転車で帰宅。
1998年9月:webの存在を本屋で知る。
1998年10月:webの勉強をはじめる。
現在に至る。

はじめてのプール。

001.jpg
保育園でプール遊びが始まり、まだ一度もちゃんとしたプールに連れて行った事が無かったので家族で行ってみることにしました。家から徒歩2分の距離にある図書館の裏にある「巣鴨体育館」。外観かなり古いですが、自分も小学3~4年生くらいは良くこちらのプールを利用しに来ていました。
002.jpg
現在は運営会社も数回変わってるらしく、料金やシステムも少し以前とは違っているようですが、ここからの眺めはどの施設も「お約束?」。休憩中にスタッフの人が泳いでる姿を見ると、なんだかとっても「かっこよく」見えてしまうのは気のせいでしょうか?ちなみに子どもは、初めてのプールでしたが、ビート版なども使いそれなりに楽しく遊ぶことが出来たようです。
003.jpg
そんなこんなであっと、言う間にプールも終わりまして玄関前の自販機でお約束の運動後の「アイスタイム」。なんでこんなに美味しいんでしょうか。プールでひんやりした体が、夏の日差しを再び浴びてなんかちょうど良い「心地よさ」の時に食べるこのひんやり感。エクササイズ目的ならば、本末転倒なカロリー摂取ですが、子ども一緒の時は関係ありません。さらにこのアイスの後、自分は「カルピスソーダ」(70円のカップ版)も美味しく頂きました。(氷までガリガリ食べるのが最高です)
そんな、はじめてのプール。

君の三つ目に恋してる。

001.jpg
いつもの道をいつもの様に歩いてると、何やら「ガレージセール」をやっていました。近所の人たちが持ち寄りで開いている、ごくごく小さなガレージセールです。ふらっと物色してると、自分と目が合う「3つの目」が・・・。見つめあうこと数秒・・。
自分:「おいくらですか・・?」おばちゃん:「あれ?値札ついてないわねぇ~、50円でいいわよ。」自分:「安い!買います!子どもが好きなんですよ~(本当は自分が好きなくせに!)」おばちゃん:「こんな良く分からない人形でいいの?ほかにもっとかわいいのあるわよ?」自分:「これでいいです!これが、いいです!」(by 四月物語の松たかこ風に)おばちゃん:「こっちに、メンズ物の傘とかもあるわよ。ちょっとシワになってるけど。」自分:「70円ですか・・安いですね・・。ん~・・・傘はまたの機会に・・・」と、言うわけで「トイ・ストーリ」の名物キャラ=「エイリアン」をゲット。
エイリアン:「エラバレター、サヨウナラー。」ちなみに、家に着いてエイリアンの裏を見たら、「McDonald’s Japan」の記載が・・。おい!ハッピー♪セットかよ!!(50円が高く思えてきた!)
それでも・・・君の三つ目に恋してる!

休日。夕方のおつかい。

001.jpg
おつかい=お菓子。の発想は子どもなら当たり前。しっかり、カゴに「チョコボール」入ってます。どうにか自転車もすっかり馴染んできたようで、さっそく秋になったら補助輪を外して練習開始です。
002.jpg
子どもが携帯で撮ってくれました。普通におっさんじゃないか・・。まぁ休日ゴロゴロモードなんて、こんな感じですよね。みんな。ちなみに買ったものは「豆腐、納豆、カキ氷」。夕食はさっぱりと焼き魚に納豆に冷奴。もちろんビールで乾杯。夏。最高です。
こうして休日をのんびり過ごし、みんなで昼寝とかして、起きて夕方頃に子どもと近所のスーパーへのんびりおつかい行ったりする事が、どんな事よりも“楽しくて幸せな時間”だと感じています。
まさにお金じゃ買えない、そんな休日。夕方のおつかい。