【銀座カフェ&ランチ】まだ穴場!? おしゃれでお勧め!with《大沢たかお似》Let’s eat パフェ!《ラモフルータスカフェ》in  GINZA PLACE(銀座プレイス)

投稿者:

まだ穴場!?
銀座のおしゃれランチ&カフェに《大沢たかお似》とやってきた!


月島in《山P似》とのランチから約1ヶ月!私のblogを欠かさずチェックしてる人であれば「月島の山P似」と聞いただけで「あ〜いたいた!」となると思うが、blogを見てない人は後で<PCなら右下/ スマホなら最下段>の検索BOXより「月島」で是非検索して欲しい。但し気絶するかもしれない。自己責任で頼む。

さて前置きはこの辺にして、今回私は《大沢たかお似》と穴場的銀座のおしゃれランチ&カフェにやってきたので、ご紹介しよう。

銀座のシンボル「和光」の向かいのGINZA PLACE(銀座プレイス)RAMO FRUTAS CAFE / ラモフルータスカフェ


銀座四丁目交差点(和光)に面した「GINZA PLACE(銀座プレイス)」パッと見では分からないが3Fにそのカフェ(RAMO FRUTAS CAFE / ラモフルータスカフェ)は存在する。

さっそく3Fへ。まず目に飛びこんで来るのは、斜めに配置され奥行き効果抜群なウッドテイストな看板とレジカウンターだ。奥にある大きな窓の開放感も合い重なり、さすが銀座と言わんばかりのオシャレ感。何度でも言おう、さすがだ。

メニュー看板。当然の銀座価格。しかし写真=実物大では無いので安心してほしい。

レジ下に並んだタルトやスイーツたち。カウンターの木材はウォールナットだろうか?ステンレス製の皿との相性がこんなにもオシャレに決まるとは。ん〜美しい。

店内をご案内。お好きな場所へどうぞ。


レジ方面から見た店内は、飲食のテーブルスペースと並んでちょっとした展示物もある。おそくらくだがこの展示スペースは、季節やイベントなどでレイアウトなど変えるような感じだと思う。

 

こちら側の席は、クッションがあり座り心地もよさそう。

銀座のお約束風景を独り占めできる一番人気の特等席。


先ほどの外から見えた場所。と言ってもあまり目立たない。いやだからこそ穴場なのだ。外のテラスでも良し。内側でも良し。各席には荷物置き場も用意され、テラス用?にはブランケットの貸し出しもあった。但し座席にクッションは無いので、ゆっくりくつろぐのであれば店内反対側の席が良いと思う。

贅沢な景色だ。銀座の一等地で最高のランチ&カフェ。夜はさぞや綺麗な事だろう。

美味し過ぎるフルーツフレーバーウォーター。


セルフサービスのフルーツフレーバーウォーター。(おかわり自由 / 無料)

小物1つ1つの見せ方が本当にうまい。木の色味とフルーツの彩、そしてエメラルドグリーンの皿。見てるだけで癒される。さて、お味はいかに?

美味しい! さっぱりしていて香りも程よく。何杯でも飲めてしまいそうだ・・。

外から小さく見えた「ロゴ看板」《ラモ フルータス カフェ》 ちょっと覚えにくい・・。

 

さてお目当てのフルーツパフェを食べよう。


今回のメイン「デカパフェ」!写真の見た目以上に大きいです。

・左:苺マスカルポーネ(¥1,450)
・右:季節のフルーツパフェ<栗>*季節限定(¥1,380)

 

大沢たかお似のYくんも大満足なご様子。

私の栗パフェ。誰が何と言おうが私のもの。

本当に大きい。そして歯が溶けるくらいに甘くて美味しい。デニーズの小悪魔パフェと同じくらいに美味しい。結局つまりパフェは最高!だと言う事。*いやしかし「アヒージョ」も大好き♩

他のメニューはこちら。




以上、男2人で偶然見つけたこの穴場的な 銀座おしゃれランチ&カフェ《ラモフルータスカフェ》in  GINZA PLACE(銀座プレイス)の紹介記事でした。


《RAMO FRUTAS CAFE / ラモフルータスカフェ》 | GINZA PLACE(銀座プレイス)
アクセス:東京都中央区銀座五丁目8番1号
営業時間:10:00~21:00(LO20:00・ドリンクLO20:30)
電話:03-5537-5506
座席数:96席(テラス席を含む)
車椅子:入店可
テラス席:10席
定休日:施設に準ずる
フード:1,680円~(ドリンク付)
ドリンク:680円~
スイーツ:800円~(すべて税別)


さて!覚えてるかな?検索BOXより「月島」で検索して欲しい。
山P似があなたを待っているぞ!
但し気絶するかもしれない。自己責任で頼む。

 

ピックアップ記事