お仕事図鑑@File#019【イラストレーター】になるには? 独立開業!成功・失敗ストーリーインタビュー:SugarToy(蛯原あきら)

お仕事図鑑@File:019
【イラストレーター】になるには?
独立開業!成功・失敗ストーリー
SugarToy(蛯原あきら)

 


Q1【イラストレーター】のお仕事内容は?


A.

もっとも割合が多いのが、企業の女性向け広告イラスト。わかりやすく言うと、百貨店のポスターや店頭にあるPOP、パッケージ、商品紹介のWEBページのビジュアルなどです。

他には、映像関連で、CM、アニメキャラクターの原案、TV番組のナビキャラ、オープニングアニメ、セットに置くイラスト。

オリジナルイラストをあしらったものだと、ポーチや文具などの小物。珍しいところでは百貨店のバレンタインチョコレートなどもあります。箱のほか、チョコ自体にもイラストがプリントされていました。

 


Q2【イラストレーター】として独立するまでは?


A.

雑貨企画として、布商品やドールハウスのデザインを考えたり、原型師さんに作ってもらうためのサンプルスケッチを描いたりしていました。

仕事自体は面白かったのですがとにかく多忙で……。会社泊まりや終電の日々で燃え尽きました。
とりあえず会社を辞めた頃、知り合いのデザイナーさん経由で、イラストや簡単なデザインの仕事をお手伝いしたのがきっかけです。

 


Q3【イラストレーター】(独立する為)の情報収集はどうやって?


A.

前職で燃え尽きたので、独立・開業というより、気持ち的には「休暇」を継続するために軽く仕事しておこう、という感覚でした。なので、Macや描画ソフトについて調べた程度です。

 


Q4【イラストレーター】になる為の開業資金は?


A.

上記の理由で、Macとソフト代くらい。でもプロユースのものなのでそこそこ高かったです。

 


Q5【イラストレーター】仕事場の環境は?


A.

なにかと時間が足りないので、交通の便が良い駅近を選びました。

長時間居る場所なので、シンプルで明るい空間にしています。デスクや棚は白で統一して、観葉植物を3つくらい。
雑貨の企画をしていたくらいなのでかわいいものを飾るのも好きなのですが、ものは少なめ・スペース広めが好きです。

 


Q6【イラストレーター】になってからのPR&宣伝方法は?


A.

おそらく「これまでした仕事」が一番宣伝になっているのではないかと。
どこかでイラストをご覧になった代理店や制作会社のかたが、イラスト年鑑で調べたり名前で検索してくださったりして、問い合わせてくださるケースが一番多いと思います。

無名イラストレーター時代を割と早く脱したので、絵と名前を覚えていてくれた人が、「女性向けイラスト=蛯原あきら」という感じでご連絡くださっている感じかもしれません。


Q7【イラストレーター】になって失敗した事や大変だった事は?


A.

広告ですと、代理店は、クライアント企業へ企画を提案される時点でイラストレーターを押さえておきますし、蛯原を使う前提の企画もありますが、それらの企画が無事通るかどうかは、私にご連絡があった時点ではわからないことです。

つまり、ご打診があっても企画自体がなくなったり、時期がかわったりと、スケジュールがなかなか決まらないのが日常です。
もちろん1点描くだけですぐ終わる案件も多いですが、いくつも並行してるので大変(ですが、なんとかなってるのが不思議・笑)

 


Q8【イラストレーター】1番のこだわりとやりがいは?


A.

★こだわり

キャラクターの顔です。ラフ段階でも顔だけは完成に近い形でしっかり描いてしまいます。顔がいい感じに描けると気持ちが格段に乗ってきて楽しさが全然違います。

★やりがい

直の担当者さんたちが「かわいい!」と素で喜んでくださること。
駆け出しの頃から今までずっと「まず担当者さんに喜んでもらえる絵を描こう」と思ってます。

意外と、描いたものに対する「感想」が聞こえてこない仕事なんです。SNSが流行ってからはユーザーさんのご感想が見えるようにはなってきましたけど。
商品として出た成果(販売数などの結果)も当然大事なんですが、ラフや完成データをご覧になったタイミングで喜んでもらえるのって、モチベーション違います。

 


Q9【イラストレーター】初仕事の事&独立初年度の売上は?


A.

初仕事は雑誌の小さな挿絵だったかと。その後、大きめの初仕事としては、その挿絵を編集長が気に入ってくださり、少部数ではありましたが新創刊の雑誌の表紙をおまかせいただいたこと。
表紙は雑誌の顔なので、ぱっと見で構図がわかりやすく絵が目立つこと、内容が想像しやすいこと、好感を持ってもらうための配色も大事。号ごとに季節感などのバラエティも出さねばならず……と、かなり鍛えられました。

初年の売り上げに関しては、前職の燃え尽きのリハビリ状態から始めたので、まったく計算しておらず……すみません。
気がついたら食べていけるようになっていた、という感じです。

そういえば最初の頃は教育関係の電話受付のバイトなんかも並行してやってましたね。初年度は、気持ち的に「まだまだ休暇中〜」って感覚でした・笑
ご依頼があれば料金関係なくすごくはりきってたし、仕事の難易度に慣れるまで、自分ではかなり努力も勉強もしたと思いますよ。でも一方、長期的なことはまーったく考えられてなかったです。もうほんと燃え尽きてて(笑)。イラストの仕事が、私にとっては趣味的なことだったから、復帰できたのかもですね〜。

 


Q10【イラストレーター】としてこれからの目標は?


A.

今のような広告の仕事がメインだとスケジュールに縛られて大変なので、雑貨や文房など、ロイヤリティ収入の比重を増やしていきたいです。
情報媒体に付随するイラストとはまた違い、蛯原あきらとしてのブランド力ももっと明快に見えてきそうだし、楽しいかなと!

あと、絵は言語の壁を簡単に越えられるので「せっかくなので海外の仕事を」というのはいつも念頭にあります。具体的なことはまだしていませんが、元々語学留学などもしていたので、海外の方からの反応は昔から嬉しくて…。

他にも色々と…‥例えば、
先日DVDが発売されたショートアニメ「誘拐アンナ https://annakidnapper.com 」では3Dキャラクターの元となるビジュアルを担当しましたが、映像・映画好きなのですごくやりがいがありましたし、キティちゃんやドロンジョさまなどとのコラボも、昔から親しんできたキャラに自分のテイストを乗せて表現するという、キャラ好きとして本当に楽しい仕事だったので、もっと増やせたら嬉しいです。

雑貨、映像、キャラ……他にもありそうですが、何か一緒にできそうなことがあれば、ぜひお気軽にお声がけくださいませ。


メッセージ:【イラストレーター】を目指す方へ


以前、長く美術系講師をされている方から「イラストレーターは競争率が高すぎて、今は、職業として目指さずに趣味として描いて『いいね』をたくさんもらえれば満足という学生が多くなった」と聞いたことがあります。驚きましたが、確かに…とも思いました。

でもこれは逆にいうと「本気出したもの」勝ちなのかもと思います。
専門職はよく「向き不向きがある」とか「才能の有無による」とか言われますけど、私はそうは思いません。単に「絵の仕事をしたい」という熱量が強い人が残り、そうでない人が消えただけに見えます。

私だって「この仕事に向いていたのか?」と問われたら、それすらわかりません。今だって「向いてる」のかどうか分かりません。「続いてるってことは向いてるってことかなあ」ってレベルです。そんなものでしょう。絵のうまさも十人並みだったと思います。
でも、好きかどうか、とか、続けたいか、とか、楽しいか、と訊かれれば答えは当然「YES」しかないです。
つまり「好きならやれば?」です。文字通りにとってください。好きなことなら最優先で最大限でやっちゃうものです。心配ないです。

あと、イラストの料金は安い、という思い込みが蔓延してるように思います。まず、その思い込みは捨てるべきです。

 

[DATA]
屋号:SugarToy
名前:蛯原あきら
職業:イラストレーター
職歴キャリア年数:15年
独立開業年と当時年齢:2004年(H16) より /
独立歴:15年目(2019年現在)
HP:http://sugartoy.net
住所:東京都内

 


編集後記@カトリより


今回はイラストレーターの蛯原あきらさんにインタビューをお聞きしました。蛯原さんのイラストは女性なら「特に」一度は目にした事があるくらいの超人気イラストレーターさんです。男性の私から見ても、線のタッチ、柔らかい色使い、表情、しぐさ、全てにおいてオリジナリティある素敵なイラストだと思います。そんな蛯原さんのイラストが映画(映像)となって動くキャラクターになっております。それはインタビュー文中にもございますが、ショートアニメ「誘拐アンナ https://annakidnapper.com 」です。是非、見て下さい!


<Q.おまけ>インタビュアー:「カトリ」を1言で説明するとしたらどんな人?


A.

まだ大きな実績がなかった駆け出しの頃に、カトリさんから大手P&GでのHP用イラストのお仕事をいただき、その実績が元となり今の蛯原がおります。
なのでカトリさんは恩人なのです。足を向けて寝れない!


《独立 開業 起業》個人事業向け ホームページ制作ならお任せ下さい。
カトリデザイン事務所 http://katori.me/


お仕事図鑑@独立開業インタビュー週連載は今回で終了なります。
5ヶ月間のご愛読ありがとうございました。
次週?次々週?の水曜は特別おまけインタビュー編をお送ります!お楽しみに!